カブトムシの飼育方法/カブトムシの飼い方説明/裏木曽天然カブトムシの里

 裏木曽天然カブトムシの里
                                    年間 飼育サポート致します。

カブトムシの幼虫の飼い方説明 (飼育ケースを準備しよう)

カブトムシを観察しよう。卵、幼虫、蛹、成虫へどんどん変化していく様子を自分の目で確かめよう。
産卵後の卵、1齢幼虫からの飼い方、飼育ケースの準備を説明します。
カブトムシの幼虫の飼い方、飼育ケースの準備はどうしたらよいのか説明します。
カブトムシの幼虫から成虫まで観察できる方法を説明します。



飼い方のポイント
1.幼虫は素手でかまわない。必ず手袋をしましょう。(黒点病にかかり死んでしまいます。)

2.さなぎの時期が非常に大切です、特に蛹室が壊れないようにしましょう。
人口蛹室の作り方蛹室が壊れてしまったら、人口蛹室を作ってあげましょう

3.成虫を取り出すときは、十分体が成熟してからにしましょう。(羽の色が濃くなってきます。)

写真をクリックすると作り方が説明されています。

・・・・・産卵後の飼育ケースの準備、飼い方説明・・・・ 
  産卵後の卵の扱い方、
幼虫の扱い方

別ケースへの移し方

天然カブトムシの里 専用発送パックケースで飼ってみよう  

発送ケースは、発送専用ですがマットの
管理ができれば前面クリアケースなので
幼虫観察には、適しています。
ペットボトルで飼ってみよう 
ペットボトルは、どの家庭にもあるもの
リサイクル虫ケースを作ります。
飼育ケースで飼ってみよう 
最も定番な飼育ケースです。
出来る限り大きめな、飼育ケースを
準備しよう。