国産カブトムシ飼育/カブトムシ飼育ケースのセット方法/裏木曽天然カブトムシの里
 裏木曽天然カブトムシの里
     
成虫の飼い方説明、飼育ケースを準備しよう。
 


1、カブトムシの飼育ケースは、たて20センチ、横30センチ、高さ20センチ以上
  出来るだけ大きなケースが良いでしょう 
2、カブトムシは、夜になると活発に行動します。その為、飼育ケースが小さいと
  体を傷つけてしまったりストレスがたまり長生き出来ません。

3、飼育ケースにオス1匹メス2匹が、良いでしょう。
  オスどうしけんかして、体に穴を開けたり時には、体を切られてしまう事もあります。
 4、カブトムシとクワガタは、けんかするので別の飼育ケースで飼いましょう。

 5、飼育ケースで成虫を観察するだけでなく、産卵まで挑戦してみよう
  ここでは、産卵まで出来る飼育ケースの作り方を説明します。


産卵後の幼虫の餌になるもの
1、幼虫飼育用昆虫マット
2、朽木を砕いたもの
3、腐葉土
などを飼育ケースの底に
4センチほど入れます。
成虫用昆虫マットを上に敷きます。
成虫用マットは、雑菌がつきにくく
成虫が病気になりにくい
止まり木を入れよう。
止まり木は、成虫が上を向いて
しまったとき、元に戻るために
必要です。
必ずいれよう。
水分は、コップに入れた水を、
2〜3日おきに全体にかける。
量は、マットの体積の10分の1位
で、成虫にかかっても大丈夫。
止まり木は、成虫の遊び場になります。
又、昆虫ぜりーなどの置き場にも
良いでしょう。
しばらくすると卵を産みます。
卵は2〜3週間ほどで幼虫に
なります。
ぜひ来年の成虫まで挑戦しよう。

飼育ケース大の完成


飼育ケース中の完成

注意

飼育ケースが小さいとオス同士けんかするので、2匹入れる場合は、最低中以上のケースを使用します。