裏木曽天然カブトムシの里 カブトムシの飼い方説明   
カブトムシの幼虫は、6月~7月に産卵して 翌年5月~7月に羽化します。
カブトムシの飼育は、簡単でしかもどんどん変わっていく様子を観察できる
しかも、1年でその寿命を終わり、1年で次の生命(産卵)まで観察できます。

産卵孵化、6月~7月
1齢幼虫から脱皮して2齢幼虫になる7月~9月
2齢幼虫から脱皮して3齢幼虫になる7月~11月
3齢幼虫で冬眠 12月~4月
冬眠から覚めるとマットを食べ始めます。4月~6月 
蛹化の始まり5月~7月
脱皮して羽化します。6月~8月
羽化すると、間もなく交尾を行い6月~8月
産卵しその生命を終えます。7月~9月
飼育方法 幼虫飼育にはマットの管理が必要です。
幼虫がマットを食べると糞をたくさんします。

糞には、幼虫に必要な栄養


  1. 治療は、まず食事療法が大原則
    治療を開始するには、まず食事療法が必要。塩分を控え、栄養バランスのとれた食事をとり、アルコールを控えます。
    肥満ぎみの場合は減量を! 禁煙もぜひ必要です。
  1. さらに、定期的に適度な運動を
    運動をすると、その時は血圧が上がりますが、続けているとふだんの血圧が低くなってし、きます(トレーニング効果)。
    体操・早歩き・水泳・テニス・軽いジョギングなどを無理なく定期的に行し、ます。


食事療法は、まず塩分を控えること
POINT 1
塩分は1日6~8gに!
日本人の1日の平均塩分摂取量は、13g くらい高血圧の人は、この半分にすることになります。
塩分は、すべて「塩」からとっているわけではなく、半分は加工食品に含まれる塩分。
残りが、みそ・しょうゆ・ソースといった調味料からとっています。
  1. 加工食品を控えめに
    調味料を控えるだけでなく、加工食品を控えることが塩分のとりすぎを防ぎます。

    塩鮭(甘塩) 1切れ100g 2.6g
    たらこ 1/2腹 1.8g
    プレス八ム 2枚 0.7g
    フランクフルト・ソーセージ1本 1.0g
    しらす干し 大さじ2杯 0.4g
    梅干し 1個 2.2g
    かまぼこ 2切れ50g 1.3g
    たくあん 3切れ 1.3g
  1. 汁物はも1日1杯以下 つゆを残します
    みそ汁・すまし汁・洋風のスープ類などは、おわん1杯で約2gの塩分が含まれます。なるべく汁物は控え、飲む時も具だくさんにしたり、量を七分目にするなど工夫します。

    みそ汁・すまし汁・洋風のスープ 2.0g
  1. めん類も旧1杯以下、つゆを残します
    うどんやそばなど和風のめん類でも、1人前の塩分は4~5g。
    ラーメンはもっと多く、1人前で7~8g!つゆを飲まずに食べても、半分は口に入るのでこ注意してください。めん類を食べる日は、ほかの食事で汁物を控えます。

    うどん・そば 4~5g
    ラーメン 7~8g
  1. 新鮮な材料で料理を!
    料理には、はじめから食塩が含まれる加工食品ではなく、新鮮な材料を使いたいもの。
    素材が新鮮なら、薄味でもおいしく食べられます。また、レモン・かぼすなどの柑橘類を味付けに使うと、減塩に効果的です。